読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、そろそろブログやめてしまうかもしれん。

 週に一度か、二度くらいはやはり更新せねば、ということで、いつものように駄文を書いています。定期的読者は、たぶん20人くらいだと思いますが。お元気でしょうか? ぼくはいつものように元気がありません。しがない毎日を送っております。

 それで、今回の話題は、やっぱり当ブログやめてしまうかもしれませんねー、という話です。ライターの仕事が大量に入ってきて、忙しくなってきた。さらに、今は経営の勉強をしている最中で、ヤフオクで転売したり、FXもやったりもしているんで、さらに、ほかに二つブログをはじめてしまったので、マジで死ぬ、と思う。

 正直いうと、ここに投稿している「文学ネタ」や「エッセイネタ」とか、お金になるんですよね。そういう案件は、たくさんじゃないけど、まあ、あるわけ。映画とか、音楽とか、漫画なんかもね。ぼくレベルの文章なら、金払ってくれる人がいる。これまで美術の案件はないけども。美術のケースは、実績積んだら、こっちからしかけるつもり。美術関係のwebの文章がひどすぎる。なんで誰も指摘しないんだろう。ぜんぶおれがリライトしてやろうと思っている笑 いや、ホント、ググって読んでみて欲しい。あれはないよ。仮にもアートやってるってのに、デザインのセンスもひどいし、観てらんない。アートが好きじゃない人が経営者なんだろう。

 要は、記事をここに書いている意味がないんですよね。無料で書いているわけだし。まあ、好きでやってるんだけど。アフィリエイト貼ってみたけど、クリックすらほとんどないしね…。こんな駄文ばっかだと、やっぱりしょうがないでしょ笑?

 最初は自分のHPを持って、そこでアフィリエイトをやろうと思ったんだけど、これは無理ゲーなので、諦めた。それで、クライアントに、記事を書くように路線変更した。

 ぼくの場合は器用じゃないので、いわゆる「意識高い系」のPV数がたくさん集まるような、こうすると便利、あなたにも役立つ、みたいなの書けないから。クライアントさんに頼まれて仕事するのが楽だよね。ノルマもないし。好きな仕事は自分で探せばいいし。イヤな案件なら断ればいい。値段がつりあわないなら交渉すればいいし。客なんからいくらでもいる。

 ただ少なくともライターやって終わるつもりはないんで。とりあえずライティングはなにをするにも基本なんで。でもね、これもホントにくだらない世界だと思う。誰でもできるから。後、三年で死んでほしい。2020年はキモですよ。そこから一気に来る。間違いない。日本の変動がはじまりますよ。

 そのあいだに皆さんも準備しておきましょう。

 最近思うけど、文章書けない人って、本当に多いんだなあ、と。WEBでライティングができないって、もう致命傷なので、だから皆外注してる。WEBの技術は、日々進化していくけれども、文章は基本的には普遍的なものなんだし。これあると、武器ですよ。

 あと、最近すごく実感しているのは、本をたくさん読んできてよかったな、ということ。ビジネス本を片っ端から読んでいるんだけど、やたら難しい、とか皆いってるんだけど、ぼくにとっては専門的な事柄はやはり難しいけれども、読めない、ということがまったくない。これはやはり読書をしてきた賜物だと思う。

 経営学では心理学が不可欠なんだけれども、心理学=抽象、であって、これが理解できない人が多い。ぼくの場合はまったくこれがない。具体的なスキルのほうが決定的に欠けていて、そっちが苦手なんですよね。抽象的な思考能力があるから人間は進化=延命できたわけでね。人類学では基本中の基本。

 とにかく皆さん本を読みましょう。一日三冊読む。読まないと、次のものが読めないし、書けない。経営者で本を読んでいない人は絶対にいない。フィードバックどころか、まずインプットすることができないわけ。死んでくれよ。

 ということで、今日は洗濯して、紅茶を三杯飲んだ一日でした。アディオス。