読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作日記

商品化ってなんぞや。

記事書いたのに、ぜんぶ消えてしまったよ…。 編集者から連絡きて、原稿のアドヴァイスを受けた。 いわれた要点(欠点)は、二つ。1 長い。2 悪人が出てこない。 ほかは、ぜんぶまとまっているからよい、とのこと。 でも、残念だったのは、やっぱり自分が小説の…

とりあえず山は昇った

やっとこれまでずっと推敲していた短篇30作がぜんぶしあがった。あと、一作初めて私小説を書いてみたんだけれど、西村賢太さんみたいに上手くは書けないね。当たり前だけれど。これは全部で四編にして連作にするつもり。もう一回書き直さないとダメっぽい。…

フリースタイルの創作日記

編集者に「売れる小説の書き方を教えてやろう」といわれて、なんだろう、と思って聞いたら、「結局いちばん普遍的に売れて、日本人が読んでいるのは新潮文庫の100冊だ、とにかくそれを読め」ということで、毎年顔揃いは変わるんだけれど、とりあえず2016年版…

なんだこの可愛さは

もう出版社周りやめる。どこ行っても無理。 てわけで、最後かな、と思って、ある社に添付して、今日原稿を送りました。 電話したら、打ち合わせ中だとかで、先方はおらず。おらんのか、こら、といらいらして、待ったが、かかってこない。携帯の電源切って、…

なんだかんだ講談社がいちばん安定しているらしい。

怒りが収まらないので、怒涛の更新。 誰か特定の個人を攻撃しているわけじゃない。プロの作家じゃないと、普通にこんなこともいえるし、特権ともいえるね。 「最近は本が売れません」って。例えば、それを作家の眼の前でいう編集者って、逆の立場で考えたら…

持ち込みについての追記

初の一日二回投稿。先日の「持ち込み」についての件で、いい忘れたことがあったので、追記です。 ただ、単に作家志望だとか、読んで欲しい、みたいな人は困りますけど、「おれのは売れる」と思っている人は、持ち込みしてほしいです。出版社が潤うならば、こ…

なんかもう絶望しかない

またツイッターやろうかな、と思ったけど、面倒なので、クソ記事。一応創作日記カテゴリー。 ぼくは一度商業出版した身があるんだけれど、自らやめた。理由は単純に、ひとりで書いていたときのほうが楽しかったな、と思った瞬間があったから。これは「学生」…

週末だらだら日記

Twitterはもうアカウントを削除したので、日常のぐだぐだはこっちに書いていきます。出版社訪問記なる話題も、「創作日記」のカテゴリーとしてひとまとめとしていきます。つーか、ブックマークの使い方がいまひとつわからない涙 とりあえず今ぼくは洗濯中。…