読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンウィークあたりで初動します。

なんか前も似たような記事書いた気がするけど。 今日は小説の話と、これからの話。 先日の記事で書いたように、ぼくは今編集者に預けてある作品が一個あるので、その連絡を4月までと期日を決めて待つことにしました。渡してから、半年待つ、ということです…

春よ、来い。

もうセルフパブリッシングをやっていた頃、ツイッターなどで知り合った方は、当ブログを読まれていないと思いますけど。一部の方を除いて。 今日は出版の話。というわけで、誰も興味ないでしょうけどね。個人ブログだし、ものかきの端くれとして、誰も読まな…

ブログは今年中にやめるか、移転しますよ。

今日はちょっとビジネスの話。まあ、当ブログの基本方針をズレて、どんどん話題が飛んでますが…。でも、実はこれ、核心部分でもあるんですよね。 ぼくはセールスライターもやっていますが、俯瞰してみるなら、ライターの仕事とは、ターゲティング解析をお手…

成果を出すために必要な方法

最近やさぐれているので、あまりろくな記事を書いていませんが笑 最近気が付いたことがあるので、そのことを書いてみたいと思います。成果を出す方法論についてです。ぼくは日々の生活の中で、常にアンテナを張り巡らせているタイプなので、ブログにはそうい…

ものかきのひとりごと

d.hatena.ne.jp ググって読んだ中だと、この記事がいちばん説得力があったかも。 現在のぼくはいわば金縛り状態。とにかく動けないのがつらい。このあいだに新作書いておくのが、いちばんいいのだろうけれど、経験上、それ意味がないのはわかってるから。プ…

ときどき雨、そして地獄。

近況。 とりあえず二月の上旬は二作目となる長編の推敲をずっとしていた。今はその推敲したやつを、PCで打ちこんでる作業をやってる。実はこの作業が小説を書く上でいちばんキツくて、以前は一気にやっていたんだけれど、頭が発狂しそうになるし、生産性が落…

ブログについて。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。タイトルが抽象的というか、即物的ですが。 ブログは管理者のものと思っているので、コメント欄に長々とした一読者の自分が文章を書くのは、管理者のみならず他の読者の方にも迷惑な傾向だと、…

よいお年を。

2013年も、残すところ今日一日となりました。本年度、この相変わらずの過疎っぷりの激しい適当ブログを閲覧してくださった、すべての方にお礼を申し上げます。 おれ、今年はなにをしてたのかな、と考えると、前半は短篇小説の総仕上げに取り組んでいた、と思…

荒野を行く

ツイッター復活しようかな、と思ってるけど、まあ、どうせまたやめるので、しません。とにかく今窮地に立たされているので、年明けに精神科に予約を入れました笑 とかいいながらも、安定剤を常飲していない日は、ここずっとないんだけどね。 編集者から連絡…

そろそろ年末、そろそろ潮時

news.yahoo.co.jp この記事、ほとんどおれだ、と思った。 おれの場合就職がなかったね。どれだけ受けにいったかわからないけども。東京に来ていちばんびっくりしたのは、バイトにさえ落ちる、ということだった。たとえば確かに求人倍率は現在増えていて、野…

ここ最近読んだ本

本当はレビューを書きたいんだけれど、やってる余裕がないので、列挙。基本的に偏差値が低レベルの平民なので難しい本は読みません。まあ、だいたいこんな感じの読書がぼくの日常。ここ1カ月くらいで読んだ本。 黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン) 作者: …

東浩紀の柄谷行人論は読みたい

東浩紀の「柄谷行人論 ―批評という病」は、是非読んでみたいな。ぼくは現代思想や社会学やらは、ほとんど範疇外なので、というかはっきりいって頭の悪いぼくにはわからないので、読まないんだけれど、柄谷行人の著作だけはずっと読んできた。最初の彼の群像…

書を捨て、街に出よう

初っ端から、なんですが、写真もないクソ記事なんで、ブックマークもはてなスターもなにもいりません。流し読みしてください。 ブログもずいぶん放置していたし、ツイッターやめたんで、ちょっと書きたいな、と思って書いている感じ。 今週末はちょっと出か…

血を流せ、虫けらども

人生って、一寸先は闇だな、と最近つくづく思う。ぼくはTVを観ないのでよく知らないけれど。ベッキーとか、まだTV出てないんでしょ? 謹慎期間を置いて、謝罪をすれば、それでいいと思うんだけど。結局はスポンサーがらみで、需要と供給の問題で、使ってくれ…

徳田秋声記念館に行きました

石川県金沢は日本近代文学のその歴史において、偉大な三大文豪を生んだ街として知られています。ひとりは泉鏡花(1873-1939)、ひとりは室生犀星(1889-1962)、そしてもうひとりが徳田秋声(1872-1943)です。本当は「声」は旧仮名遣いで、秋聲、と書きます…

金沢に帰省してました。

もともとセルフパブリッシングのためのプロモとしてはじめた当ブログなので、出版をやめ、Twitterもやめた今となっては、ぼくは今やこのブログ自体書く意味合いを失っている。ここ一、二年で、美術や文学等の記事をたくさん書きましたけれど、プロモどころか…

KDP全作品の配信を停止しました。

先日、タイトル通り、Amazonのキンドルダイレクトパブリッシング並びに、楽天koboで出版していた、長谷川善哉名義の三作品すべての配信を停止しました。此の機会にそれ専用のアカウントのTwitterも削除して、完全に自由人になりました笑 KDPは初めて一年半く…

坪内祐三さんと会った夜

キュレーターの方と編集者の方に、ある都内のバーへ連れて行ってもらった夜のことだ。 ぼくは下戸なんだけど、そのときはまだビールくらいはちょっと飲んでいた。もう二軒目だったし、はっきりいって、帰りたいな、と思っていたんだけど笑 しばらくするとキ…