読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着想のマエストロ乾山見参! 展に行ってきました。

美術展覧会レビュー

 

 六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階にある「サントリー美術館」で開催されている「尾形乾山展」に行ってきました。

 尾形乾山(1663~1743)という人は、江戸時代前期を代表する工芸家です。琳派の絵師を代表するひとりである、あの尾形光琳の弟です。兄弟揃って、歴史に名を連ねる芸術家って、すごいですね。

 

www.suntory.co.jp

 

 野々村仁清と乾山とか、尾形光琳と乾山、とかじゃなく、尾形乾山ひとりだけに集中した企画は、本当に素晴らしいものだったと思います。やはり美術展は個人展がもっともよいのです。この少し前に、やはりサントリーでは「仁阿弥道八展」を開催していて、これも素晴らしかったので、サントリーなかなかやるなぁ、といった感じです。

f:id:mannequinboy:20150612193349j:plain

 

 展示は6つに分かれていて、乾山が辿った足跡が、作品を通してたっぷり鑑賞することができます。「乾山への道―京焼の源流と十七世紀の京都」「乾山颯爽登場―和・漢ふたつの柱と大平面時代」「写し―乾山を支えた伝統と異国趣味」「蓋物の宇宙―うつわの中の異世界」「彩りの懐石具―うつわからの解放」「受け継がれる乾山―その晩年と知られざる江戸の系譜」の6つの時代を追っていきます。

 

f:id:mannequinboy:20150612193519j:plain

色絵桔梗文盃台」

 これはとにかく目を引きましたね。

f:id:mannequinboy:20150612194213j:plain

「色絵春草文汁注」

 あと、これはどうやらそばつゆを注ぐための道具だそうですけど。10点セットのもあって、模様が凄いです。

               ※               ※

 もともと京焼を簡略化していうと、「初期京焼」と「楽焼」とに分かれるんですけど、「初期京焼」と呼ばれるものを、独特な色彩感覚で工芸品にしたのが、乾山のお師匠さんにあたる野々村仁清という人でした。彼の作品も何点か、途中で展示されてあります。乾山は仁清に学んで、こういう色彩感覚を得ていくわけです。しかし、仁清とはまた違った、別個のオリジナリティーを確立していくことになります。

 ぼくは尾形乾山という人のオリジナリティーとは、やまと絵の豊かな色彩感覚と、水墨画的、俳句的なわびさびの――「錆絵」といいますが――をミックスさせて、独特に昇華させて作品を作ったところとだと思っています。彼の工芸品はとても色彩が豊かなんですけど、どこか地味で渋いんです。仁清や道八などのような、きらびやかさがない。代わりにあるのは、ユーモアたっぷりの遊び心と、同時にそこはかとなく感じる厳しさです。それで今回の展覧会で、そんな乾山らしい、ぼくは初めて観たんですけれど、最も素晴らしいと思ったのは、この作品でした。

f:id:mannequinboy:20150612194955j:plain

「色絵夕顔文茶碗」

 これは源氏物語の「夕顔」から着想されて作られた茶碗なんですけど、文字も描かれています。色といい、形といい、デザインといい、とにかく乾山にしか作れない、おおらかで、遊び心たっぷりで、そしてとても厳しい作品です。ほかにも乾山は絵も描く人でしたから、「雪松図」の掛け軸があったんですけど、これもすごくよかった。絵自体はあまり達者な人じゃないんですけどね笑 とにかくユーモアがあって、同時に厳しいんです。

 あと乾山作品じゃないんですけど、京焼の源流を紹介するということで、最初に展示されてあった楽道入の「黒楽四方茶碗」本阿弥光悦の「赤楽茶碗」もすごかったなあ。さらに、ぼくは個人的に狩野探幽という絵師が凄く好きなので、一点だけ展示されてあって、それもすごくよくて、大満足です。そしてなにより今回の乾山の最大のみどころは、「色絵定家詠十二ヶ月和歌花鳥図角皿」の展示でしょう。3セットありました。圧倒的です。

               ※               ※

 焼き物とか、骨董とか、難しいし、よくわからない、という方、けっこういらっしゃると思うんですけれど、今回の展覧会是非行ってみると、ちょっと違う印象持たれると思うんです。乾山なんかが当時取り組んだのは、日常用品に芸術性を与えるということで、それは「高尚=芸術的なものにする」という意味合いじゃなく、人が日常使用するものに、命を吹き込む、ということだったんだと、ぼくは思います。

 とにかく素晴らしい展覧会です。乾山の魅力がいっぱいです。兄である光琳との共同作品ももちろん展示されてありました。期間は5/27~7/20まで。金土は20時までやってます。