読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち込みについての追記

創作日記

 初の一日二回投稿。先日の「持ち込み」についての件で、いい忘れたことがあったので、追記です。

 ただ、単に作家志望だとか、読んで欲しい、みたいな人は困りますけど、「おれのは売れる」と思っている人は、持ち込みしてほしいです。出版社が潤うならば、この記事を書いている意味もあるというものです。ぼくだってもっとよい本が世間に出回って欲しいんです。

 先日の朝日新聞出版社のA元編集者さんと話していて思ったことなんだけれども、持ち込みの時、単に大手だからという理由で出版社に連絡して「持ち込みなんですが」というより、自分が影響を受けた本の版元――小企業、大企業関係ないです、理由は後で述べます――に電話をかけて、この書籍の編集をやったのは誰なのか? その方とお話をしたい、といってみることを、提案します。

 その方に原稿を見てもらいたい、というのはありだ、ということです。実際Aさんが、その方法で連絡してきたある作家を現在抱えていると聞いたからです。

 文芸は確かに、編集者のいうとおり、何が当たるかわからない世界であることは確かな部分もあって、出版業界に入ってなにより驚かされるのは、編集者ひとりひとりの考え方が違うんです。なので好きな小説も違う。ひとりは絶賛しても、ひとりは酷評する。

 もちろんどの企業とも同じように、企画会議で、営業、社長のGOサインが出て、初めて書籍は刊行されるんだけれども、編集の世界は、たとえば部長が平に、「この作家おまえがやれ」みたいなことはあまりないです。編集者自身が作家と同じ実力の世界で、自らこれから伸びそうな「金の卵」を見つけることに必死なわけです。

 出版社に直接かけてしまうと、「読みます」といわれても、だいたい編集長に読まれてしまう。たとえばぼくの場合は、ほとんどの選考委員が反対したんだけれども、数少ない選考委員が推して下さったおかげで、書籍が出た。芥川賞直木賞なんかも、あれだけ読み手の達人であるはずのプロ作家の意見が分かれてるし、それは当然のことでしょう。ぼくはこれって芸能界と似ていると思います。

 どこのプロダクションだったかな。芸能人が伸びるのは事務所の大きさじゃない、といっていて、それより、マネージャーとの相性だ、といっていた。実際、文芸の世界でも、優秀な編集者だからといって、優秀な本を作るとは限らない。裏返していえば、ダメな作家でも、よいところを引き出してくれる編集者と合うと、ぐんと伸びたりする。だからといって、決してその編集者がこれまでに優秀な実績を必ずしも残しているというわけではなかったりするわけ。

 まさしくこれが出版マジックですよ。

「この本好きだな、自分はこういうタイプの小説を書いているなあ」とか、思う人は、その担当編集者は誰か、名指して連絡してみてはどうかな、と思います。もちろん「持ち込み不可」の版元が多いのは事実なので、とにかくなんでもいいです、自分の小さな実績を述べて、編集者を引っ張りだしましょう。日本の文芸のためにも。

 とにかく相性なんです。野球のバッテリーや、球技のチーム戦、恋人や、家族、なにより夫婦に、すごくこれは似ていると常々ぼくは思ってることです。