読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものかきのひとりごと

d.hatena.ne.jp

 ググって読んだ中だと、この記事がいちばん説得力があったかも。

 現在のぼくはいわば金縛り状態。とにかく動けないのがつらい。このあいだに新作書いておくのが、いちばんいいのだろうけれど、経験上、それ意味がないのはわかってるから。プロットなんて、短編400、長編100くらい、ぼくは現在持っているし、ものかき志望ならそんなの当たり前だけれども。結局、担当とのあいだで俎上に載ったものしか、利用価値にはならないんだよね。これは小説に限らず、すべてのクリエイターの仕事に共通することだと思う。

 原稿送って、四か月経った。もちろんぼくは「戦力外」なので、かかる、とは思ったけれど、こんなにかかるとは、思っていなかった。甘かった。以前は、四か月で連絡が来たんだけれど。あれでも早いほうだったんだな。

 あのときぼくは三ヶ月でダメだったら、見捨てられたんだな、と思って、もうメールを見ていなかった。そうしたら、来ていたんだよね。打ち合わせしましょうって。慌てて、返事送ったけど、連絡が来なかった。忙しいのは確かにわかる。でも、機嫌を損ねてどうこうは、子供か? と思ってしまう。

 これで、出版できません、とはいわせないんでね、今回は絶対。入念に作戦は練っておく。