読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい活動内容について

 読者の方から、メルマガをやるのならば、その登録先とかを告知して欲しい等のツイートがあったので、今回は事務的な記事になってしまいますが、少し新しい活動内容について書きたいと思います。

 えっと、名前は書かないほうがよいですよね。Twitterを見てますよ! いつも当ブログを拝読していただきまして、まことにありがとうございます!

 新しいブログの運営方法ですが、なぜワードプレスに移動するか、というと、端的に無料ブログだと、アフィリエイトができないからです涙。前はできたんですけどね…。逆に、独自ドメインSEOに弱い、というデメリットもあるわけで心配なんですが、三年当ブログを運営して、要は週に一度気ままに勝手なことを書いてきたこのブログですけど、もう少し飛躍したいな、という思いが強くなってきました。

 できれば毎日更新したい、という気持ちがあります。端的に、今の10倍のPV数にしたいんですね。外注も考えています。

 本のレビューや、美術展のレビューはメルマガに書くのではなく、これまでのとおりブログに書く予定です。ちゃんとここに告知を残して去りますし、もし、ほかにも「おまえのブログ読んでやるよ」という奇特な方がいらっしゃったら、是非新しいブログにも足を運んでください。よろしくお願いします。

               ※         ※

 結局三年ブログを学んでわかったことは、来訪者の方々は記事を見に来るわけであって、ぼくのことはどうでもいいのだな、ということでしたね涙。だから、ブログはジャンルを特化すべきだ、というのは、間違いだ、ということも思っていて、その総体としてのブログに魅力を覚える読者など、芸能人がやっているわけでもないので、ほとんどないわけなんです。

 新しいサイトでは、さらに、これまで避けてきた時事ネタ等の話題もPV数アップのためにがんがん取り上げていこうと思います。

 それで、メルマガについてですが、なんでメルマガをやるのか、というと、結局皆が読みたいのは、多くの方と共有できる情報的な記事であり、少数的なものは個人的にそっちで配信していったほうがいい、と判断したからです。メルマガならば、一対一のさらに新密度の高いコミュニケーションが可能になるわけです。もちろん無料でやります。

 ぼくは一応作家なので、ファン作りや、収益システムを構築しないと、どうしようもない。考えているのは、マーケティングの基本をとにかく踏襲していこうということと、それとは矛盾するようですが、誰もやってないなら自分がやろう、ということもすごくありますね。

 ぼくは美術展のレビューや読書レビューを書いたりしていますが、それなりの質のものは当ブログで書いてきたと思っています。一記事に、4、5時間くらいかかっています。書籍を読んで、書いたりすると、一週間くらいは平気でかかってしまう。ぼくは虚栄心みたいなものが欠片もないので、読まれて嬉しい、みたいな感情がありません。じゃあ、なぜ、書いているのか? というと、最初はセルフパブリッシングをやっていたので、自分の小説を知ってもらうための「集客ツール」として書いていて、もうひとつは、こういういい作家がいるんですよ、ということを、読者に知ってもらいたい、という意識がとにかく強かったんですね。

 でも、結局、皆は自分に興味があるものにしか興味がないのです。その現実を思い知らされました。ネットというものがそういうものというか、人間というものがそういうものなのかもしれません。ぼくは興味がないものに興味を持っていくタイプなので、そこは凄く戸惑いました。

 では、どうすればいいのか? と考えたときに、なるほど、だからブランドや啓蒙や収益化みたいなものができあがっていったのだな、わかってきたんです。無料だからこそ、それは無価値になってしまい、対価を支払ってもらうことで、価値は生まれるのだ、ということです。

 なので、ブログのスタイルも多少変化すると思います。もうちょっと広範囲でのソーシャルワークを母体に、創作行為を先鋭化させ、読者を刺激できるようなものにできたらよい、そういったコミュニティが、理想ですね。